スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ballet

少し時間は遡りますが…

冬の暗いイメージのロンドンを乗り切るには
舞台やお芝居をみるなどがお薦めだと聞き、
年明けてすぐくらいにお友達と
Royal Opera Houseでクラシックバレエを鑑賞しました。

CIMG2985_convert_20110120025741.jpg 

CIMG2988_convert_20110120025830.jpg
今回は値段も比較的安めの席(£23.00=約\3000)だったけど
舞台も良く見えてバッチリ楽しめる



演目は日本でもおなじみ
「Peter and The Wolf / Tales of Beatrix Potter」 ピーターラビットの物語。

beatrixpotterheader_convert_20110120030716.jpg

The Tales of Beatrix Potter動画

被り物をしながら踊り手さんは踊ってますが、
動き一つ一つがそのキャラクターの特徴に合っていて
とにかく可愛い

見に来ているお客さんも子供連れファミリーが
多かったですが私も子供がいるなら連れてきたい

そして後日…
別のお友達にバレエの体験レッスンが受けられるという
お誘いを受けて、実際に体験レッスンもしてきちゃいました、笑。

今までフラメンコ、HIPHOPダンス、ミュージカル(幼稚園時代まで遡る…)と
色々挑戦したことはあったけどバレエは今回が初めて

身体の使い方や基本的なことが他の踊りにも
応用できそうではありましたが、
やっぱり難しいんですね…バレエって、笑。

けどバレエ鑑賞して視覚・聴覚を刺激して
しかも実践するとなると日本ではあまり気軽に出来ず
更に割高になりそうな印象だけど、
ロンドンでは気軽に良心的値段で出来てしまうので、それはとっても魅力的

ミュージカル等も頻繁にやっているので
学校の合間に見にいけたらいいな

エジプト旅行記Ⅸ 『黒砂漠&白砂漠/砂漠キャンプ』

ホテルで砂漠キャンプの手配してもらう
砂漠のキャンプ地までは黒砂漠、クリスタルマウンテン、白砂漠を経由して3時間強。

砂漠サファリツアー&キャンプを15年以上やっているという
ベテランのエジプト人、名前はハムディ、が
車を運転して連れていってくれた

CIMG2706_convert_20110119233350.jpg CIMG2711_convert_20110119233449.jpg

ちょうどクリスマス直前ということもあって白砂漠×White Cristmasという具合にかけて
特にヨーロッパから沢山の観光客が来てるんですよ、って言われた。

別グループの欧州の人達は犬&生後4ヶ月の赤ちゃんを連れて来てた…。
CIMG2713_convert_20110119233549.jpg 

今回訪れた砂漠は、物語に出てくるような日本人が想像する所謂【砂漠】とは
ちょっと異なってる(私自身、アラビアンナイトの世界を想像していたのだけど…)。

名前の通り最初に通過する黒砂漠は、
昔火山の噴火で出た火山岩が一面を覆って黒く見えてるんだよって
ハムディが英語で一生懸命説明してくれた

CIMG2729_convert_20110119233752.jpg

CIMG2736_convert_20110119233655.jpg CIMG2747_convert_20110119233846.jpg

黒砂漠を抜けるとナショナルパーク化されてる白砂漠の入り口に到着。
その入り口で入場料を支払う。

入るとすぐにクリスタルマウンテン登場。
車を降りてクリスタルマウンテンのうえまで歩いて行ってみる。
(見た目は全然クリスタルには見えないただの岩なんだけど…)

CIMG2782_convert_20110119234009.jpg CIMG2789_convert_20110120000338.jpg

更に車で奥に進んでく
だんだん、目の錯覚か周りが白じんで明るくなっていくような感覚になって
いつのまにか周りは本当に白くなってた。

そこからはもう白砂漠の世界。

まるで違う惑星に来てしまったかのようなその世界&奇形岩にただ感動

CIMG2828_convert_20110120005749.jpg CIMG2810_convert_20110119234527.jpg

奇形岩は昔この地帯が海底だった頃にプランクトンの死骸が積み重なっていて、
海水がひいてしまったあとに長い期間かけて風にさらされて削られて出来たって聞いた。

ああ、自然界の時間の流れってなんて雄大で人間の存在ってちっぽけなんだろう…って本気で思った。

キャンプ地点を探すために更に奥に進む。

周りがすべてが同じように見える景色の中で車の運転をしているハムディは
ちゃんとどこに向かっているのかという目的をもって進んでいく。

途中、車が止まっていれば必ずトラブルに巻き込まれてないか
クラクションで挨拶したり、声を掛け合ってて、
困ったときはお互い様の精神が砂漠の世界では根付いてるんだって思った


(最近は素人同然の人が砂漠ツアーへ連れていって砂漠で迷子になって
 瀕死の状態で見つかった事件も起きてるらしい…確かに危険


観光客に人気の『マッシュルーム&チキン』岩
CIMG2837_convert_20110120000441.jpg 


砂漠キャンプはキャン施設のようなところがあるわけではないので
どこでキャンプをするかも運転手さんにお任せ。

夕日も朝陽も見れて他の団体客から離れた絶景ポイントを選んでくれました。

トイレ施設もないから砂漠のどこで用を足してもいい
(これが実は最初は一番抵抗あったのに、慣れると開放的笑。紙ゴミはお持ち帰り)


CIMG2849_convert_20110120000533.jpg 

陽が落ちる前にハムディが黙々とキャンプの準備をしてくれる。
DSCF2011_convert_20110120001402.jpg

周辺をウロウロしてると人の足跡と一緒に小動物の足跡発見
CIMG2850_convert_20110120000700.jpg

だんだん陽が落ちてく。
エジプトにきて町に滞在してると車の排気ガスや
挨拶がわりに鳴らされる大量のクラクション音で
すごくうるさくて汚染された空気に慣れてしまっていた。

けどココは明かに今まで訪れた町とは違って、
更にロンドンでも日本でもない風景が広がってる…。

CIMG2853_convert_20110120000800.jpg

無音の静寂の世界。
周りに音がないと耳が正常に働いているかも分からなくなる不思議な感覚。

間もなく陽が落ちた。

周りも一刻一刻と暗くなっていく。
音も無く真っ暗になっていくと、自分の心の声が急に大きくなったような気がして
周りに誰もいなくなってしまうと少し心細かった。

5分、それとも30分…
どれ位の時間が流れたか分からないけど暫くすると
あたり一面に満点の星空がちらばっていることに気づいて
あちこちで流れ星が零れ落ちるように流れていく。

あまりにも綺麗で旦那さんと私は無邪気にハシャイでしまった。
ずっとそのまま流れ星を独占したいと思ったけど、
太陽が沈んだ反対側から太陽かと思うような明るい丸い光が昇ってきて、
(砂漠でみる月はあまりにも明るくてそれが月だと分かるまでに少し時間が掛かったのだけど)
月が光を増していくと、星は急に見えづらくなってしまった。

ハムディが作ってくれた砂漠料理(カレーのようなスープ&ライス、そしてチキンBQ焼き)
を食べ終えると遠くからキューンという声が聞こえたような気がした。

ハムディ「聞こえる?キツネがないてるんだよ。キツネはとっても賢くて
     砂漠のすべてを熟知してるんだ…」

砂漠でキャンプしていると餌を求めて狐が近くまで寄ってくるって
聞いてたから、会えるのを楽しみにしていたけど、今回見ることは出来なかった。

夕食を終えるとハムディは旦那さんと私を2人きりにさせるためか、
一人で散歩に出てしまった。砂漠で静かに時間を過ごすのが好きだとも言ってた。

砂漠に来てみて思ったのは、
余計なものが何にもない砂漠でも、ただただ静かに周りを見つめているだけなのに
同じように見える風景は実は微妙に刻々と変化してることがすごく分かった。

夜はさすがに冷えて寒さで眠りも浅かったけど、
砂漠に来れて良かった。

陽が昇る前に起きてテントから外に出て
朝陽が出るのをじっとまった。

冷え冷えとする夜明けの空に地平線から太陽の頭がピョコって出たときは
その光が温かく見えて、「出てきてくれてありがとう」って思った。

CIMG2891_convert_20110120001826.jpg 


この日にイギリスへ帰国。

イギリスは連日の大雪で空港は閉鎖されてフライトのキャンセルが続いてるという
情報だったけど、この日は無事運行してることが分かりそのままロンドンへ。

約2週間という長めの旅だったけど、
特に危険な目にあうこともなく、色々感じれて
刺激的な旅だったのでした



エジプト旅行記 
おしまい。

児童英語教師の養成課程に挑戦!!!

ロンドンにきて少々のんびりと生活してましたが、
明日から学校通いが始まります

なんの学校に通うかというと『児童英語教師』の養成課程。
http://www.iiel.org.uk/course_detail/LCE-GS/TEYL.html

卒業すると国際的な外国語教員資格のPostgraduate Certificate(PGCert)が
授与されるらしく、その資格はTEFLやTESOLに代表される資格だそうです。

国際的に子どもに英語を教えるプロフェッショナルとして
教授能力・技術力を証明するものとして世界各国で有効らしく、
通う学校自体も英国国際教育研究所IQ認定委員会それに
英国政府国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルに
認定されてる

ロンドンには旦那さんの留学で来ることになったので
最初は学校に通うとかは考えずに来てしまって、
しかも渡英直前に日本でようやく転職先も決まったというタイミングだったし
再就職先を辞退してこちらに来たことで、来てしばらくは
脱力状態…というか、笑。何か新しいことをする心の準備が全然出来てなかった…。

せっかく来たからには何か新しいものを吸収したいなって思って
この学校を卒業したお友達から色々情報を貰って、
学校通いを決心

両親のサポートもあって通うからには
一生懸命がんばろうって思う

これから勉強することが、将来にどう繋がるのかは未知数だけど
子供好きだし、自分自身高校時代に突如アメリカで生活することになって
苦手だった英語をどうしたらもっと向上出来たのかなって
自分なりの体験も通して、教育の場、子育ての場に
繋げられたらいいな

CIMG3011_convert_20110119103816.jpg 学校校舎。歴史ある建物らしい

エジプト旅行記Ⅷ 『バフレイヤオアシス』

12月21日。


カイロから砂漠へ…待ちに待った日

砂漠でキャンプをする前にまずは長距離バスで
オアシスに向かう事にしたため、
地下鉄に乗って長距離バスの出発所に向かう。

意外に綺麗な地下鉄。早朝6時はまだラッシュ前なのかガラガラ
CIMG2597_convert_20110117040125.jpg 

当日券を購入して、年期の入ったバスに乗り込む。

社内の3分の2はエジプト地元住民。
チケットには座席番号がエジプト数字で記載されてる

ガイドブックでにわか仕込みで覚えたエジプト数字を
頭をフル回転させて思い出して、なんとか指定座席に座れた


CIMG2603_convert_20110117035418.jpg

出発直前にすぐ後ろの座席ではエジプト人同士が言い争いを始める。
バスは満席で、どうやら指定座席じゃないところに座ったとかで
席を取り合いしているみたい…自分達じゃなくてホッ

3時間かけてオアシスに到着

バフレイヤオアシスはカイロから気軽に足を伸ばせるとかで
結構人気になりつつあるスポットらしくて
町として成り立ってるんだな…って印象。

CIMG2607_convert_20110117040306.jpg

この日はオアシスにあるホテルに一泊。

泊まったのはドイツ人の旦那様と日本人の奥様が経営する
『インターナショナル・ホットスプリング』というホテル。

CIMG2625_convert_20110117040415.jpg 清潔感があってセキュリティー面でも安心

バフレイヤオアシスは温泉もあることで有名らしく、
このホテルはなんと温泉付き

夜ひんやりとする砂漠のオアシスで温泉に入れてサイコーに贅沢
温度も程よく熱くて気持ちい~!!!もちろん、水着着用w


CIMG2614_convert_20110117040606.jpg CIMG2617_convert_20110117040653.jpg

ホテルのうらには緑が生茂っててその奥に丘がある。
その丘に登るとバフレイヤオアシスの町を一望できて、
そこで夕日が沈むのを旦那さんと2人でじっと見てた。

太陽が見えなくなっても、しばらく空は明るいんだって思った。

砂漠でも同じように太陽が沈むのかな…って思った。

夜ご飯を食べた後そとに出たら空気がすでにヒンヤリとしてて
空には星が沢山でてた。

ホテルの敷地内にある2年前に出来たというBarへ行ってみる。
イスラムのこの国ではお酒を販売してるところが限られてるけど、
ここはお酒の種類も豊富で素敵

こだわりを感じる可愛らしい建物。
CIMG2701_convert_20110117051445.jpg CIMG2690_convert_20110117052019.jpg

ホテルオーナーの日本人奥さんはとても気さくな方で、
日本から砂漠に通ってたことがキッカケで全然違う職業から一転、
旦那様とオアシスでホテル経営することになったって言ってた。

しかもエジプトでお酒を販売する許可を国に申請する時の面白いエピソードを話してくれて、
こちらでは『お酒』ではなく『Party』として許可を取るんだってw

オアシスでの一泊を十分満喫して、
次の日はいよいよ砂漠へキャンプに出発


つづく。

エジプト旅行記Ⅶ 『ナイルクルーズ 後編』

12月19日。

船はとうとう目的地のルクソールへ到着。
クルーズの終盤2日間を掛けてルクソールの西岸・東岸を回る。

1日目に西岸の王家の谷、ハトシェプスト女王葬祭殿へ。

王家の谷では残念ながらツタンカーメンの墓には入れなかったけど
3つのお墓の内部へ。ピラミッドと違って天井も高くて、壁画も結構残ってる。

過去に盗掘されてしまっているけどそこに財宝やミイラが安置されてたって思うとなんか感慨深いナ…。

CIMG2342_convert_20110113075657.jpg 
CIMG2356_convert_20110114033211.jpg CIMG2388_convert_20110113081131_convert_20110113085712.jpg


地元の小学生・中学生なのか子供の団体とすれ違う。
私達外国人を見ると笑顔で手を振ってきて、「名前なんていうのー?!」って
覚えたての英語で叫んでくる。

CIMG2357_convert_20110113081528.jpg 写真撮って~って近づいてきた子供達をパチリ。


CIMG2335_convert_20110113075448.jpg王家の谷に行く途中にある吉村教授のエジプトの家…らしい

午後はフリーだったから船のプールのあるデッキで
日差しをいっぱい受けながらのんびり昼寝

夜はベリーダンスショーを観賞。
部屋にはまたカワイイらしい来客が

ほどよい脱力感が出ててあまりの可愛さにしばらく放置
この子も部屋にあったタオルとベッドカバー(&トイレットペーパー)で作られたなんてステキ。

CIMG2444_convert_20110113081703.jpg CIMG2445_convert_20110113081827.jpg

***

12月20日。

船の旅はこの日の午前中で終了。チェックアウトして
クルーズ最後のツアーになるルクソールの東岸を観光に出る。

ツアー仲間とは数日の間に色々とお互いのことを話す機会があって、
エジプトという異郷地ということもあって変な連帯感が生まれていたということに
最終日のこの日に初めて気づく。

ルクソールの町に1日滞在して思ったのが、
結構道が整備されてて、カイロのように混沌としていないし
アスワンよりもこざっぱりしているような感じで、
外国人がとにかく多かった。

話はちょっとそれるのだけど、
ツアーの移動中やエジプトの各地で中途半端に建ってる
未完成な民家(屋根が無いとかetc)を良く見かけて
ずっと疑問に思ってた(それがエジプト式の家の建て方?とさえ思ってた…w)

そしたらガイドのサイードがこう説明してくれた。
『家を完成させてしまうと税金を収めなくちゃならないから、わざと未完成にしてるんだよ。』



話はツアーに戻って最初に訪れたのがカルナック神殿。
カルナック神殿の規模の大きさにただただ圧倒
CIMG2480_convert_20110114035844.jpg CIMG2491_convert_20110114040059.jpg

右下写真は古代エジプト版オバマ大統領らしい(ガイドのサイード談)
CIMG2483_convert_20110114035957.jpg CIMG2498_convert_20110114040241.jpg 

CIMG2508_convert_20110114040414.jpg あらあら、警備の人銃置いて新聞読んでるよ…の図 

次はツアー最後のルクソール神殿。

CIMG2543_convert_20110114040624.jpg

CIMG2548_convert_20110114040718.jpg CIMG2574_convert_20110115084822.jpg


この後は、それぞれの旅の続きがあるので
ルクソール神殿を出た後にツアーを共にした
仲間とお別れを言い合う。

私達はこの後はもともとハルガダという紅海沿いの
リゾート地へバスで行く計画にしていたものの、
同時期にサメが人を襲って怪我人が出た事件や
そもそも泳ぐのに適した時期ではないことから断念

この日の夜に我々は飛行機でカイロへ戻ることに。

ちょうどツアーで一緒だったアラスカから来た2人と
サウジアラビアに住むアメリカ人家族と同じフライトだった。
彼らもカイロに行くって。

この日のルクソール空港は観光客でごった返してて
フライトが遅れに遅れてカイロに到着したのは午前1時過ぎ。

エジプト旅行の締め括りは砂漠でキャンプをすることに決定
ホテルで仮眠をとって早朝5時にホテルを出発。
向かうは砂漠への長距離バスに乗るためのバスターミナル。

いざ砂漠へ!!!


つづく。
プロフィール

*ぱぴ*

Author:*ぱぴ*
結婚しても“Carpe Diem”って言葉を大切にしたい。人生何があるか分からない・・・けど分からないから面白いのかも。

彼(今の旦那さん)のイギリス留学が決まり結婚して渡英。

始まりがあれば終わりもあるわけで。熟したワインのように味のある色濃い時間を過ごしたいと思う日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。