スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンザー

あいにく雨の週末
けど普段忙しい旦那さんとロンドン近郊へちょっとお出掛け。

行き先は『ウィンザー』。

市内のパディントン駅から電車で約30分ちょっとで行ける場所。
(スロウ駅という駅で乗り換え。駅の待ち時間10分強。
 地球の歩き方には「Central」って駅で下車と書いてあったけど、
 駅名は「Windsor&Eton Central」。電車チケット買うときも混乱…

ウィンザー城+003_convert_20101117052237

そこは今現在も英国王室の宮殿として使用されてるお城があるところ

そのせいか小さい町なのに、
駅前は整備されたちょっとした小洒落たショッピング街になってて綺麗。

ウィンザー城+008_convert_20101118002253

駅前の一角にはこんなカッコいい機関車も

ウィンザー城+004_convert_20101117061510_convert_20101118004545


ウィンザー城+005_convert_20101117061634

駅周辺のショッピング街を抜けてお城へ。

ウィンザー城+006_convert_20101117061809

入り口で学生料金の£14.5支払って城内へ。
オーディオガイダンスが無料で貸し出しされてました
まあ…入城料がそもそも高いし。

ウィンザー城+051_convert_20101118015139


もともと軍事的な敵からの攻撃を防ぐ城塞として建てられたって
日本のお城と形が全然違う…。

ウィンザー城+021_convert_20101117063453

ウィンザー城+033_convert_20101118015420



園内にはこんな服を着用した係り員がウロウロ。

ウィンザー城+019_convert_20101117062931

この先の建物が居住として使われてるって!

ウィンザー城+040_convert_20101118013239


この日は国賓滞在や国家行事もなく内部に入れたので
雨も降ってるし寒いしで、さっそく中へ。

ウィンザー城+043_convert_20101118014805

城内は撮影禁止で写真はないけど、
王室の絵画、甲冑、剣、陶器のコレクションや豪華な家具、
そして国賓が来たときに今でも使用されているという
ゴールドで装飾された部屋とか色々見学

かなりの数のコレクションで一つ一つみるのも
駆け足になってしまった…。

写真展示室にはエリザベス2世の幼少期の写真も

最後に城内にある礼拝堂に立ち寄ってお城を後に。

城下町はロイヤルタウンと呼ばれるだけあって、
普段は観光客も多いのかお店もかなり充実。

ウィンザー城+055_convert_20101118021313

ちょっと横道にそれても可愛らしいお店がチラホラ。

ウィンザー城+053_convert_20101118021034


その日の夜に他の予定があったためロンドンに戻らないとで、
近くにある英国主相を数多く輩出した英国屈指のエリート校
『イートン校』には寄れなかった…。残念。

ただお城の生活を垣間見て、
エリザベス2世の幼少期の写真を見たとき、
「優雅そうだけどプリンセスって呼ばれて生活するのも
 結構大変そうだな…」ってちょっぴり思うのでした。





スポンサーサイト
プロフィール

*ぱぴ*

Author:*ぱぴ*
結婚しても“Carpe Diem”って言葉を大切にしたい。人生何があるか分からない・・・けど分からないから面白いのかも。

彼(今の旦那さん)のイギリス留学が決まり結婚して渡英。

始まりがあれば終わりもあるわけで。熟したワインのように味のある色濃い時間を過ごしたいと思う日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。