スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト旅行記Ⅳ 『アブシンベル神殿 後編』

空港からの無料送迎バスに乗って
走ること15分ほどでアブシンベル神殿前に到着。

旦那さんが事前予約してくれたホテルは
そこから歩いて5分ほどのところだった為、
まずはホテルにチェックインして荷解きをすることに。

ホテルはナセル湖に面していて眺めは最高。
プール付きで、部屋は古いタイプの内装だったけど、
広さもそこそこあって冷暖房完備、
バスタブ&シャワー付き。
(セーフティボックスはない)

CIMG2032_convert_20110105191056.jpg 宿泊したネフェルタリホテル

DSCF0343_convert_20110105190103.jpg ホテルの目の前に広がるナセル湖

少しホテル周辺を散策したら、いよいよアブシンベル神殿へ!!!
(…でも歩いて5分)

DSCF0347_convert_20110105192711.jpg 入口前の舗装された道路。ちょっとだけ拍子ぬけ…。


それにしても、エジプトに来て一番感じたのが
ピラミッドにしても、博物館にしても
入場料チケットの高いこと!!!
エジプトの生活水準を考えても、観光で産業が成り立ってるとはいえ、
外国人料金高すぎ!!!

そこで役に立つのが学生証。値段が半分位になる。
…にも関わらず、ロンドンでの学生証は役に立たないだろうと
勝手に思ってしまい、旦那さんは学生証を持ってきていたのに
私(パートナーとして発行してもらったもの)は持ってこず。
それで、旦那さんが試しに学生証として見せると
なんと通用してるし!!!(ガーン、ちょっと損した気分)

チケットを購入してセキュリティーゲートを抜けると
大きな岩の塊。そしてそれをぐるっと回ると
ナセル湖に面して、神殿が出現。

DSCF0378_convert_20110105191238.jpg

DSCF0368_convert_20110105192901.jpg

神殿内部にも入れてそれはそれで凄くて
なんかラメセス2世の権力の強大さを感じれたんだけど
なんて言うか想像してたのとちょっと違うと言うか。
もっと、自然体で残ってると思ってたせいかも…。

なんでもアブシンベル神殿はナイル川の
アスワン・ハイ・ダムの建設計画で
水没してしまうという場所にあったらしく、
ユネスコによって今の場所へ移設されたらしい。
遺産として大事にしないといけないわけだけど、
ちょっとアミューズメントパーク化
されている感じがして違和感に感じたのかも…。

小1時間ほど見学して、夜のショーまで時間をつぶそうと
町の方へブラブラ歩いてお水を買おうとしたときのこと。
アブシンデル神殿には一泊しなければ良かったと
思ってしまう出来事が!!!

旦那さん   『お水貰うね』(2£E(30円くらい)を差し出す)
エジプト人店員『10£E(150円)じゃないと駄目だ』
旦那さん   『水でそんなにするわけないだろ!しかも(隣の)人、2£Eで買ってるじゃん』
エジプト人店員『君たち外国人は持っているお金の額が違うのだから、君たちは高い金を払って当然だろ』

多少そういう差はつけられるのは仕方ないと思ってても、
その高圧的で当然的な態度に旦那さんは怒り心頭
店員としばらく口論したすえ、旦那さんが適当だと思う
お水の対価を出してなんとか購入。

カイロでもそんな金額言われなかったのに。
でも、こんな時私ならお水を買わないか、言われた額を
出しちゃうかしちゃうだろうけど…さすが、旦那さん、笑。

夜の光と音のショーは、
ちょうど日本語バージョンで行われる回があって
それに参加。超沢山の日本人観光客がいてビックリ。

CIMG2034_convert_20110105193019.jpg


光の音のショーも高いお金を出した割には…という感は
否めなかったけど、満足満足。
ホテルに戻ってからプールサイドで少しのんびりして就寝。


つづく
スポンサーサイト
プロフィール

*ぱぴ*

Author:*ぱぴ*
結婚しても“Carpe Diem”って言葉を大切にしたい。人生何があるか分からない・・・けど分からないから面白いのかも。

彼(今の旦那さん)のイギリス留学が決まり結婚して渡英。

始まりがあれば終わりもあるわけで。熟したワインのように味のある色濃い時間を過ごしたいと思う日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。