スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パディントンベアの点灯式

12月1日に『パディントンベアが点灯式をする』って
お友達が教えてくれて、行ってきました

そもそもパディントンベアってイギリス発祥だってことも
名前すらも知りませんでした…(キャラクターは見たことあったのに)。

ちなみにこれがパディントン↓

パディントンベア+002_convert_20101203003044

この像、パディントンって駅にあります。

別のお友達から前に教えて貰ったのですが、
『パディントン』ってパディントン駅で拾われたから、
そういう名前なんですって

小熊ではなくおっさんで、しかもペルーからの密航者らしい…。

そんな過去も何も全くしらなかったけど、
彼とイギリスで出会って、彼のバックグラウンドを知って。

妙に愛着がわきます、このパディントンベア。

※今私が住んでるところもパディントン駅に割りと近いのも何かの縁…????


さて本題。

そのパディントン君、いや、パディントン氏が
駅周辺のイルミネーションの点灯式をするって聞いて
それは見なきゃ!!…ってことでまたもや極寒のなかスタンバイ。

あ、パディントン氏発見!!!
係りの人に連れられてる。

パディントンベア+007_convert_20101203003132

これがその点灯用レバー。
歩行者ストリートに何食わぬ顔で設置されてました。

パディントンベア+008_convert_20101203003213

人もまばらななか、時間になって
係りの人が拡声器で点灯式について説明!
(まだ今年で2回目だって、笑。)

パディントン氏もスタンバイ。
10カウントで、……3、2、1、点灯!

残念、あんまり盛り上がらず、笑。

パディントンベア+012_convert_20101203003337

点灯式後は写真撮影。

女の子は積極的に隣をキープ
写真の手前にいる子は、パディントンベアのぬいぐるみをギュッと
持ってるのになかなかパディントン氏に近づけず…。

パディントンベア+020_convert_20101203003513


そして更にパディントン氏は近くにある
クリスマスマーケットへ移動。

信号待ちする氏。
丸い背中が哀愁漂います。

パディントンベア+024_convert_20101203004838

歩く…。

パディントンベア+025_convert_20101203004703

更に歩く…。

パディントンベア+026_convert_20101203004803

マーケットに到着。
クリスマスツリーの前にて撮影中。

パディントンベア+031_convert_20101203004924

ご苦労さまです。

パディントンベアと過ごせたシュールで
楽しいひと時でした
スポンサーサイト

ロンドンで巻き寿司作りイベント開催

旦那さんの通うMBA&M.Finの学校は約80%がイギリス人以外の
海外から来てる人で構成されてます。

色々な文化交流が盛んで、クッキングクラブも存在してます

そんなわけで(どんなわけ?)、ある日本人の生徒さんの提案で
外国人にも人気な『お寿司』のクッキングイベントが開かれました。

今回そのサポートでイベントに参加

1ヶ月ほど前に友人宅で寿司作りの予行練習
その時作ったのがこんな感じ
河童巻きやツナ巻きに納豆巻き…。

006+(2)_convert_20101202071135.jpg

日本国外でよく目にする"カリフォルニアロール"も作りました。

003+(2)_convert_20101202071212.jpg

具は、アボカドやイギリスのスーパーでも手に入るカニカマ以外に、
南アメリカでは入っているというマンゴーも入れてみました!
(コレが意外に美味しい

私カリフォルニアロールってアメリカ発祥だと思ったら考案者は日本人なんですね。
海苔巻きだと外側が黒くて、食べるのに抵抗がある外国人用に
内側に海苔を巻いて、アボカドとか外国人の好きな食材を入れたのが
受け入れられて海を渡ってアメリカで広がったらしいです…。
知らなかった~。

そして先日イベントが無事決行されました
外国人生徒さんは40名ほどの参加。

日本人スタッフは学校のカフェテリアに
準備のため早めに到着。

寿司クッキング@LBS+(11)_convert_20101202070909

ハンズオンで巻き寿司を作ってもらうために
先に具を切ったり、ご飯を炊いたり、サービス用の
お味噌汁を作ったり…。

日本人10人がかりで準備しました
(私は40名分のネタになる野菜を切る担当に。時間掛かった~、笑)

寿司クッキング@LBS+(4)_convert_20101202070951

イベントを企画した日本人ご夫婦の素晴らしい働きで
とっても楽しいお寿司作りのイベントになりました

寿司クッキング@LBS_convert_20101202071038

『Maki Sushiを作ったの初めて~Sushi 好き!』って
いう外国人生徒さんが沢山いて、参加してホント良かった。
(生徒さんが作ったお寿司はもはや寿司と呼べるような形のないものもあったけど、笑)

巻き簾を使ってお寿司作ることなんて人生でほとんどなくって、
結構難しかった~、笑。

お土産にイベントで使った巻き簾を頂いたので
家でもっと練習しよ~っと

冬季限定『Winter Wonderland』

11月最後の日。
とうとうイギリスで雪が降った

数日前から天気予報で降る降るって言ってたけど
なかなか降らないな~と思ったけど、とうとう。
うう、寒い。

先日、そんな極寒の中
冬季限定でハイドパークに(おそらく毎年)出現してる
『Winter Wonderland』へ。

WinterWonderland+041_convert_20101129073223.jpg

入園は無料。
乗り物には"Token"って園内専用のチケットを買います。

最初は『仮設の移動遊園地みたいのだから大したことないだろうな・・』と
期待しないで行ったら、とんでもない!!!!

こんなのどっから持ってきたのという
アトラクションがいっぱい。

ジャーマンマーケットも同施設で開催

WinterWonderland+051_convert_20101129073559.jpg

スケートリンクもあるし…

WinterWonderland+066_convert_20101129073353.jpg

サンタさんもいる!!!
(写真待ちサンタさん…寒そう)

WinterWonderland+058_convert_20101129073711.jpg

サーカスだって

WinterWonderland+065_convert_20101129073450.jpg

来年の1月まで毎日朝10時開園して夜10時に閉園。
平日の昼間は人はまばらだけど、
週末の夜になるとすっごい人混み。

Winter+Wonderland@+ハイドパーク+(2)_convert_20101129073847

けど夜は更に寒い
けど公園のど真ん中だから暗闇の中でひときわ目立つワンダーランドの光

Winter+Wonderland@ハイドパーク+(14)_convert_20101201170505

歌う鹿さん。

Winter+Wonderland@ハイドパーク+(22)_convert_20101129074010

子供も大人も楽しめるワンダーランド。
今度は久しぶりのスケートをしに行きたいな

Country Living

クリスマスフェア第2弾

先週は雑誌『Country Living』が主催しているという
フェアへ行ってみました。

Country+Living+Magazine+Christmas+Fair+002_convert_20101115231633.jpg


開場するちょっと前に到着したところ、
すでに入り口付近には行列が出来てました
皆さん、お買い物意欲満々です。

Country+Living+Magazine+Christmas+Fair+004_convert_20101115231710.jpg

この間と同じように沢山のお店が出店しています。

Country+Living+Magazine+Christmas+Fair+008_convert_20101115231834.jpg

Country+Living+Magazine+Christmas+Fair+011_convert_20101115231917.jpg

可愛いディスプレイのお店も数多くありました。

Country+Living+Magazine+Christmas+Fair+005_convert_20101115231754.jpg

会場の入り口付近に設置されてたクリスマス用の小部屋のディスプレイ。

Country+Living+Magazine+Christmas+Fair+016_convert_20101115233553.jpg


お部屋の中。

Country+Living+Magazine+Christmas+Fair+014_convert_20101115231958.jpg


前回のクリスマスフェアでも売っていた小型犬型ハンドバック。
可愛いすぎる

しかも、メタリックな洋服を着せられた子もいて
それはパーティーナイト用らしい、笑。

Country+Living+Magazine+Christmas+Fair+019_convert_20101115223736.jpg


夕方になると中央のクリスマスツリーが点灯。
クリスマスがまた一段と楽しみになる一日でした

Country+Living+Magazine+Christmas+Fair+020_convert_20101115223646.jpg



Harrods Christmas Parade

先日の11月6日、お友達に誘ってもらって
高級老舗デパートの『Harrods』主催の
クリスマスパレードを見てきました

Harrods+クリスマスパレード+(3)_convert_20101112065335

早朝にも関わらず沢山の家族連れだった人達が場所取りで大忙し
(私はお友達の大人2人で参加

Harrods+クリスマスパレード+(8)_convert_20101112072204

このパレードは毎年11月の第一土曜に、
『ファーザー・クリスマス(サンタクロース)を迎え入れる』
ってことでやってるんですね

子供達はサンタさんが出てくるまで
風船をもらったり、お菓子をもらったり…
(私もどさくさに紛れてもらっちゃいました

パレードを見ながら彼の登場を待ちます。

Harrods+クリスマスパレード+(30)_convert_20101112072350 Harrods+クリスマスパレード+(18)_convert_20101112072522

Harrods+クリスマスパレード+(28)_convert_20101112072308 Harrods+クリスマスパレード+(48)_convert_20101112073516

Harrods+クリスマスパレード+(42)_convert_20101112072705 Harrods+クリスマスパレード+(56)_convert_20101112075511

***子供達もはしゃいでますが、
何よりお父さん&お母さん達が盛り上げようと(?)なのか
すごくはしゃいでいたように思うのは、私の気のせいでしょうか…。
もちろん家族記念の写真撮りも必死です***


Harrods+クリスマスパレード+(57)_convert_20101112075606


そしてハロッズのオーナー、
モハメド・アルファイド氏(おそらく)を発見
(正面姿は人に阻まれて撮影失敗…残念


Harrods+クリスマスパレード+(22)_convert_20101112072830

そして…

サンタさん登場
(が、やはり人に阻まれて撮影失敗…無念)


去り行く後ろ姿をパシャリ


Harrods+クリスマスパレード+(54)_convert_20101112073606

パレード中はずっと、
華やかな音楽と(にみたてた泡)でクリスマスムード満点

Harrods+クリスマスパレード+(39)_convert_20101112082814

将来子供ができて、機会があれば
見せてあげたいですね



***最後にちょっと余談***

ハロッズの建物内には、
事故死したハロッズのオーナーの息子と
かつて彼の恋人だったダイアナ妃の
記念碑が設置されてます。

この日とは別の日に撮影

ここを訪れる観光客は記念碑の前で写真を撮ってて
この痛ましい悲劇は忘れ去られることはなさそうですね…。

ヴィクトリア&アルバート博物館+(2)_convert_20101112070147

プロフィール

*ぱぴ*

Author:*ぱぴ*
結婚しても“Carpe Diem”って言葉を大切にしたい。人生何があるか分からない・・・けど分からないから面白いのかも。

彼(今の旦那さん)のイギリス留学が決まり結婚して渡英。

始まりがあれば終わりもあるわけで。熟したワインのように味のある色濃い時間を過ごしたいと思う日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。