スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喉のケア

今日は強風が吹き荒れる中、13℃まで気温が上がって
比較的温かく感じる。

けど空気がとても乾燥してる…。

イギリスにきて去年の秋以降、喉を痛めることが増えて
咳をすることも増えた気がする。

イギリス…というか海外の薬はどうしても強すぎる印象もあって
買うのに抵抗があったので、暫くは日本から持ってきた薬を常飲してたけど
とうとう旦那さんまで喉を痛めてしまった

放置しておくと、炎症が更にひどくなって
喘息などになっちゃうこともあるらしいということで
ネットで調べてこちらの薬を購入しました

大手ドラックストアBootsでも
取り扱ってるシロップ状の咳止め薬「Benylin」。

benylin-chesty-non-drowsy.jpg

喉の症状によって使い分け出来るように
いくつかのタイプがあって、種類がカラーで分かれてる。

シロップタイプだけどちゃんとしたお薬。
原液のまま一日4回、スプーン2杯分をゴクリ。
味はドクターペッパーの甘くない版(と旦那さんが言っていた)けど、
コレが結構ちゃんと効果アリ
副作用も特になく、ただいま我が家で大活躍中。


あとはお薬以外で、
喉に良いアイテム2つも頻繁に利用。

一つは、のど飴「Strepsils」。
ドラックストアじゃなくても売ってるような気がする。

strepsilhonelemon36.jpg

これもいくつか味の種類があるけど
私はいつもハニー&レモン


あとは北海道出身お友達に教えてもらった
Manuka honey(マヌカハニー)というハチミツ。

通常のハチミツより甘さ控えめでちょっと独特な苦味がするけど
喉にいい成分が含まれているみたいで、私はその独特な苦味が
むしろ好き

日本で買うとかなり高いらしいけど
イギリスではお手ごろな値段で手に入るし

『マヌカハニー詳細情報』


もちろん、お薬に頼らないで自然治癒が一番いいので
手洗い&うがいは引き続き、強化しないと
スポンサーサイト

Ballet

少し時間は遡りますが…

冬の暗いイメージのロンドンを乗り切るには
舞台やお芝居をみるなどがお薦めだと聞き、
年明けてすぐくらいにお友達と
Royal Opera Houseでクラシックバレエを鑑賞しました。

CIMG2985_convert_20110120025741.jpg 

CIMG2988_convert_20110120025830.jpg
今回は値段も比較的安めの席(£23.00=約\3000)だったけど
舞台も良く見えてバッチリ楽しめる



演目は日本でもおなじみ
「Peter and The Wolf / Tales of Beatrix Potter」 ピーターラビットの物語。

beatrixpotterheader_convert_20110120030716.jpg

The Tales of Beatrix Potter動画

被り物をしながら踊り手さんは踊ってますが、
動き一つ一つがそのキャラクターの特徴に合っていて
とにかく可愛い

見に来ているお客さんも子供連れファミリーが
多かったですが私も子供がいるなら連れてきたい

そして後日…
別のお友達にバレエの体験レッスンが受けられるという
お誘いを受けて、実際に体験レッスンもしてきちゃいました、笑。

今までフラメンコ、HIPHOPダンス、ミュージカル(幼稚園時代まで遡る…)と
色々挑戦したことはあったけどバレエは今回が初めて

身体の使い方や基本的なことが他の踊りにも
応用できそうではありましたが、
やっぱり難しいんですね…バレエって、笑。

けどバレエ鑑賞して視覚・聴覚を刺激して
しかも実践するとなると日本ではあまり気軽に出来ず
更に割高になりそうな印象だけど、
ロンドンでは気軽に良心的値段で出来てしまうので、それはとっても魅力的

ミュージカル等も頻繁にやっているので
学校の合間に見にいけたらいいな

A New Year 2011

2011年 明けました

年末31日はお友達のおウチに集まって
総勢4家族で御節料理作りをしました。

手作り御節美味しかった

CIMG2973_convert_20110103002044.jpg

そして31日の夜、
カウントダウン&花火を見に外へ。

CIMG2962_convert_20110103001803.jpg


本年も宜しくお願いいたします

12月25日

メリークリスマス

昨日、11日間に渡るエジプト旅行を終えて
イブの24日にロンドンに帰ってきました

留守期間中に連絡をくれていた方、
お返事出来なくってごめんなさい…

ちょっと前まで、イギリスも大雪とかで
飛行機キャンセルが出たり
3日間ほど空港がクローズしたりで
予定通り帰れるか心配だったけど、
無事帰れてホッ

エジプト旅行については、
沢山たくさん色んな出来事があって、写真もいっぱい撮って
整理しきれてないのでのちのちUPするとして

今日12月25日。

イヴの日はまだお店は開いてるとこ多かったけど、
今日外に出てみたら、地下鉄も銀行だけじゃなく、
ほぼ90%のお店が閉まってた!!!

開いてるのは、スタバとかパブとか中東系レストランとか。
(話には聞いてたけど、この目で見るまでは実は半信半疑だった、笑)

さすがイギリス

今日になってケーキが欲しいなっていうことで、
日本人がやっている、家から30分徒歩圏のケーキ屋さんまで
行ってみたけど、そこも閉まってた…残念

ケーキ屋さんに行く途中に通る
プリムローズヒルという公園には
散歩をしている人もチラホラ。

公園が真っ白になってる…。

CIMG2927_convert_20101226084832.jpg

エジプトは気温が20℃前後あったから
すっごく寒く感じるけど、
体調を崩さないように、残りの2010年を過ごしたいと思います




トラファルガー広場の巨大ツリー

12月2日にロンドン市内のトラファルガーという広場で
1974年から続いてるというクリスマスツリーの点灯式があったそうです。

点灯式当日はあまりにも寒くて見に行くのを断念…。
けれど、どうしてもそのツリーと見たくて
灯式翌日に見にいってみました。

噴水の後ろに見えるのがそのツリー&ナショナルギャラリー。
この日の前後も雪がチラついてて寒かった

(ちなみにナショナルギャラリーは無料で入館できて
 ゴッホの『ひまわり』とかが観賞できるので、結構お気に入り

クリスマスマーケット@ピムリコ+010_convert_20101208084622


このツリー、毎年ノルウェーの森から運ばれてくるらしくて
高さは約20メートルあるそうです。

クリスマスマーケット@ピムリコ+007_convert_20101208084526

行った時はまだ空が明るくてツリーの光があまり見えませんが…
『本来はこんな感じって』旅行会社のウェブサイトで
紹介されてました、笑。

トラファルガー広場のツリー

今度は暗いときに見に行ってみよ~っと


プロフィール

*ぱぴ*

Author:*ぱぴ*
結婚しても“Carpe Diem”って言葉を大切にしたい。人生何があるか分からない・・・けど分からないから面白いのかも。

彼(今の旦那さん)のイギリス留学が決まり結婚して渡英。

始まりがあれば終わりもあるわけで。熟したワインのように味のある色濃い時間を過ごしたいと思う日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。